<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
二十日戎祭り
昨日は、旧暦の20日。毎年坂瀬川の漁民は3つの港の恵比寿様にお供えをして
しめ縄を張り、のぼりを立てて神主さんに祝詞をあげてもらい。お神酒を戴き祝宴を女性陣の手料理であげます。
e0022603_11421871.jpg
毎年戎さんの祭りは大時化で寒いのですが、今年は凪で良く澄んだ海でした。
e0022603_11452474.jpg

ヤズ釣りのてっちゃんも
e0022603_13422054.jpg

ベテランのカツヤさんも準備をして参拝しにやってきました。
e0022603_163699.jpg

神主は、私が中学3年生の時の担任。
e0022603_1617032.jpg

恵比寿様も嬉しそう。
[PR]
by reihoku-p | 2010-11-26 16:18
第4回匠の集いIN大分
16日夕、大分オアシスタワー21階で霧島酒造主催の第4回「匠の集い」が開催されました。
私もお恐れながら初回より出席させて頂いています。(第2回は所要の為欠席)
専務より開会のお言葉。新製品「AX霧島」で乾杯。
e0022603_1412779.jpg

まずは、最初の料理「佐伯牛の炙り」山葵風味のカルパッチョ
e0022603_14173018.jpg

熊本の匠達
e0022603_14194166.jpg

蒲江緋扇貝と雲丹の木の芽味噌グラタン
e0022603_17134280.jpg

霧島酒造がパンも製造しています。プレゼンがありました。
e0022603_17205234.jpg

冠地鶏と宇佐烏骨鶏のロワイヤル
e0022603_17274786.jpg

AX霧島はロゼの様な色合いにアスタキサンチンが入っている健康になる焼酎のようだ。
e0022603_17525063.jpg

太刀魚と秋茄子のタプナード
e0022603_1730916.jpg

男はロックで
e0022603_17552147.jpg

女の子は炭酸で割って、口当たり喉越しがまろやかだから何杯でも行ける
e0022603_175998.jpg

香母酢のシャーベットでお口をさっぱりにして
牛フィレ肉のポワレ AX霧島のソースを添えて
e0022603_17362313.jpg

最後に、デザートとコーヒー
e0022603_17484183.jpg

兎に角、匠達と楽しく語らい、笑い、酔いながら金霧とAXを1:1で入れ、そこに黒宝を一回し注ぐロック「ジェラシー」を専務直々に御教授頂いて味わってみました。
e0022603_186765.jpg

さすがに、一芸に秀でた方々、海外をまたにかける方、全国を走り回る方、自然と会話する方、物の本質を見抜く方、勉強になります。私は歩幅が小さいし、物の見方も会話もまだまだ。
来春は、長崎で開催決定。また、勉強させて頂きます。霧島さんお世話になりました。焼酎も食事も接待も大変結構でございました。
[PR]
by reihoku-p | 2010-11-18 18:12
くまもと物産フェア無事終わりました。
6・7日のくまもと物産フェアも大勢のお客様がお越しくださいました。
でも、気候が良かったのでお出かけになった方、催し物の準備、子供のスポーツ大会、お祭りなどで
お越し頂けなかったお客様とお会いできなかったのは残念でした。
今回は、真珠科学研究所のパールリフレッシャーを持ち込み真珠のネックレスのお掃除と磨きを
させて頂きました。自分では布で使用後は拭いているから大丈夫とお思いだったお客様の真珠も
半分磨きが終わった時点でご覧頂くと、その違いに驚かれていました。
天草では、私だけが養殖から加工・製品づくり・販売をしているのに、天草のお店で同じ事を言って販売している人がいてそこで買ったというお客さまもいらっしゃいました。売れれば何でもいいというお店も多いんですよね。今回も、お土産を持ってお越し頂くお客様があり、ラッキーパールを内の嫁にとおっしゃるお客様、今は買えないけどお金を貯めて来年は買いに来ますとおっしゃって下さるお客様、
嬉しかったのは、91歳と88歳の御夫婦が車は危ないから免許を返上したのでタクシーで遠い所からお越し下さった事です。「貴方のお顔を見に来ました。」と言って下さるお言葉にウルウルです。そして、歳だからとおっしゃる奥様にペンダントをお買求め頂きました。私も、お礼にペアのタイタックを御主人にプレゼントさえて頂きました。お帰りになった後、フト見るとペンダントの入った包装紙が!
会場を探し回り、タクシー乗り場の係員の方にお越しになったら連絡してくださいとお願いしたり、
でも、とうとう見つからなかったので、終了後お電話してお届けに行きました。家に入るとお茶とお菓子をお盆に載せて待っていてくださいました。上がって行きなさい、天草まで帰るのは大変だから家に泊まって行きなさいと言って頂きました。私の母も生きていれば同年代やさしい言葉使い、物腰感じが似ているのでずっと長生きしてください私の為にとお願いして下に止めた車に帰ったら、後を追って最後まで見送って頂きました。おかあさんが私達に「貴方達の真珠をずっと頂きます。」といって手を合わせてくださいました。その情景を思い出すと今もウルウルです。やはり人は、金の多さや、物の多さ、ではなく。心の優しさ、広さ、思いやりなのだな。また、反省し教えて頂きました。
[PR]
by reihoku-p | 2010-11-08 10:27



天草伝統の特産品・真珠の養殖に励む苓北真珠のブログです。
by reihoku-p
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
会社情報
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
心と生き方を磨く名言
from 心と生き方を磨く名言
西原村 文化創造館 「風..
from 小椋住宅BLOG
田崎真珠 ジュエリー、リ..
from 田崎真珠 ジュエリー、リング..
バイオマス
from 環境に関する用語集
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism