<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
フィジー一人旅をしてきました。12
席についてしばらくして飛行機は12:00離陸しました。
隣の彼は大きい体を窮屈そうに座っています。フィジアンかと思ったら、トンガから来たと言うではありませんか。ラッキー!
フィジーに来てトンガの人とも話が出来る。と心の中で叫びました。
トンガのNECに勤めていて会議で東京と唐津に3日間づつ1週間滞在すると言っていました。33歳で奥さんと子供の3人暮らし、フィジーのマンゴーが8個で1フィジードルならトンガは、1箱マンゴーが買えると言っていました。自分王様の遠縁になる事を家系図を書いて説明してくれました。見た目はKONISIKIぽくて強面ですが、しゃべるとニコニコ
笑顔になって、やさしい青年です。写真を撮らしてと頼むと急に王様みたいに威厳のある顔になっていました。
e0022603_16305657.jpg
私のデジカメの価格を聞いたり、会議の時の日本語の挨拶を聞いたりしてきます。トンガから日本への直行便がないのでトンガ→フィジー→東京と来たのでよく寝てないから眠いと言うので、通路を挟んだ3席が空いているからそこで眠りなさいと言っても、いいっと言って窮屈そうにしているので、私がそちらに行くから、ここの2席を使いなさいと私は空いている3席の方に移りました。にこやかにありがとうといって斜めになって寝始めていました。1回目の食事前に飲み物のサービスがありました。私は、ビールを頼みました。すると350mlのゴールデンフィジービールを2本置いて行きました。ビーフのシチューぽい昼食を食べる頃にはお腹が一杯になっていました。
トンガの彼の名前はベアといいました。私はあべこれがホントのあべこべ。
日本人は小さい、トンガ人は大きいと彼が言っていました。仲良くなって名刺の交換をし、私がトンガに来たら電話してくれ空港まで5分で迎えに行く、自分の内に泊ればいいといってくれました。彼の癖は、感心すると「ふーぅ」と声を上げる事です。
17:30成田空港に着陸。空港の建物の大きさ、飛行機の多さ、証明の多さに「ふーぅ」と声を出しました。彼を出迎えに会社の人が来ているので第二ターミナルはどこか訪ねてきたので、「私が連れて行ってあげるから私に付いてきなさい」といって私が前を歩くと大きな彼が後を付いてきます。(水戸黄門の気分です)
税関の場所に行くのに無人電車に乗ります。私は彼に「日本人は小さいが建物はトンガより大きいでしょう」と言い、「電車も無人だよ」と言うと「オートマチック!フーゥ」と言いました。税関の前に来ると凄い人です。修学旅行の団体が先にいたのです。ここで、日本人と外国人は左右に分けられます。中には顔を見て外国人の方に行くように言われている人もいましたが。
税関を出て預けた荷物を取って検査所を抜けて到着ロビーに出ました。
後ろから、彼が私の肩をつつくので振り返ると「自分の名前を書いた紙を女の人が持っている」というので、指さす方を見ると確かに彼の名前が書いてありました。
そちらへ行って「この名前の人はこの人です」と言って無事案内終了。彼からお礼の言葉ときっとまた会える事を願っています。と言ってくれました。私も、きっといつか逢いましょう。日本を楽しんで帰ってください。奥さんと子供のお土産忘れないように。といって別れました。1週間のフィジー旅行もこれでおしまい。私にとって、この1週間は、何物にも代えがたい素晴らしい経験でした。皆さんも一度フィジーにお出かけになっては如何ですか今は、真夏でしょう。この時期は、5万円位で行ける事もありますよ。成田→ナンディの航路も三月で打ち切りになるみたいです。そうなると、ソウル→ナンディか香港→ナンディになってしまいます。心も体もリフレッシュする1週間になるのは請負ます。
[PR]
by reihoku-p | 2008-12-09 16:31
フィジー一人旅をしてきました。11
フィジー最後の朝、洗面を済ませ食堂に行くと日本人のご夫婦がテーブルで食事中でした。パンとコーヒーとジュース、果物を用意して同じテーブルで朝食を取らせて頂きました。昨日韓国経由でいらしたとか。娘さんが語学留学でこちらにおいでとか。この近くにコールガールがいるからお父さん用心してよと注意されたとか、今日は、スキューバーダイビングをするとか・・・・いろんな事を短時間に会話を楽しみました。(そういえば、ホテルの近くを走っている時ドライバーが「コール」とかいってたな。電話の事かと思ってたけどコールガールの事を言っていたのかな。)
8時にタクシーが迎えに来るので早めにロビーに行くと、昨日の売店のオカマさんと旅行代理店の女の子がお喋りしていました。私を見つけると色っぽく手を挙げて「ハーィ」と挨拶をしてくれました。今日はどこに行くのかと聞いてきます。日本に帰ると言うと、今度何時来るのか、また、このホテルに泊まってお土産を買って行ってねと言っているのが雰囲気で分かりました。そうしていると昨日のドライバーがやってきて、ナンディの空港まで送ってくれました。「昨日はベリーベリーサンキュウ」「今朝、子供達がアベは何時にやってくるのかと聞くので、今日は日本に帰ると言うと、大変残念がっていた。今度フィジーに来る時は、我が家に泊ってくれ、電話をくれたら迎えに行くから」と言ってくれました。空港には、大勢の日本人が列を作って並んでいました。ドライバーとお礼を言って別れ、その列に並びました。チェックインして中に入って行くと税関、手荷物検査、ここでベルトは外すように言われます。財布も小銭も全てレントゲンのベルトコンベアーに流し金属探知機のゲージを通り抜けます。荷物を受取って隅に持って行き、ベルトをズボンに通す作業を男性陣がアチコチでやっています。土産品店がずっと続き2階の待合ロビーで時間待ち。来る時の飛行機で一緒だった彼女も同じ飛行機で帰るはずと思い見回してもその姿はありませんでした。残ったお金で土産やジュースを買って暇つぶしをしていて、フッと後ろにめをやった時、彼女が女友達とおしゃべりしているではないですか。
そばまで行って、「久し振り、フィジーはどうでしたか。」と流暢な日本語で話し掛けました。彼女は驚いて振り返り再会を喜んでくれました。彼女も探してくれたようでした。楽しい語学研修ができたようです。帰りは、席がずいぶん離れていたのでお話はできませんね。と時間になって機内に乗り込みました。
私の席は、来た時と同じ席でした。席まで来ると体の大きな外国人の男性が隣の席に座っていました。「アイムソーリー、マイシーット」といって席を指さすと、快く席を立って私を窓側の席に通してくれました。
[PR]
by reihoku-p | 2008-12-08 20:00



天草伝統の特産品・真珠の養殖に励む苓北真珠のブログです。
by reihoku-p
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
会社情報
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
心と生き方を磨く名言
from 心と生き方を磨く名言
西原村 文化創造館 「風..
from 小椋住宅BLOG
田崎真珠 ジュエリー、リ..
from 田崎真珠 ジュエリー、リング..
バイオマス
from 環境に関する用語集
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism